見えない矯正治療

ORTHODONTICS

見えない矯正治療

裏側矯正

LINGUAL

裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)は、歯の裏側にブラケットと呼ばれる金属の装置とワイヤーを装着して行う矯正治療になります。
最大のメリットは、表からは矯正の装置が見えないことです。周囲の目を気にすることなく治療できるため、装置が目立つことで矯正治療に踏み出せなかった方も安心して始められます。

vol.1

裏側矯正の特徴

01 裏側矯正の特徴

- 周りのひとに気付かれない -

歯の裏側に装置を付けるため、表から見えず周りのひとに気づかれにくいです。

周りのひとに気付かれない

例えば、上顎前突(出っ歯)でお悩みの方の場合、表側矯正では一番気になる前歯に矯正装置を付けることとなり、隠したい部分が逆に目立つ結果となってしまいます。
裏側矯正の場合、歯の裏側に装置を付けるので周りの人に矯正治療をしていることに気付かれることはほぼ無いと思います。 *最近では指原莉乃さん(元AKB48)やマツコデラックスさんも裏側矯正で治療を行なっているようですが、気付く方はまずいないと思います。

02 裏側矯正の特徴

- 後戻りのリスクを減らせる -

後戻りのリスクを減らせる

上顎前突(出っ歯)でお悩みの方の多くは、舌で前歯を押してしまう癖があります。この歯並びを悪くする口腔習慣・生活習慣を「態癖(たいへき)」と言います。
裏側矯正では前歯の後ろに矯正装置を取り付けますので、必然的に舌で前歯を押すことがなくなります。 これにより矯正期間中に態癖が改善され、矯正終了後にまた歯並びが悪くなる(後戻り)リスクを大幅に減らすことができます。

03 裏側矯正の特徴

- 虫歯になりにくい -

虫歯になりにくい

矯正装置を付けることによって、装置に食べカスなどが溜まりやすくなります。さらに、歯磨きもしづらくなるので虫歯リスクは高まります。
ただし、歯の裏側は一番固い層であるエナメル質が表側よりも3倍も厚いため、細菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、この唾液の静菌作用や殺菌作用によって細菌は増殖しにくくなっており、虫歯になりにくいのです。そのため、患者さまにとって裏側矯正はリスクの少ない治療方法だといえます。 *もちろん歯磨きを怠れば虫歯になってしまいます。当院ではブラッシングのレクチャーも行います。

04 裏側矯正の特徴

- 効果を早く実感できる -

矯正装置が目立つ表側矯正と異なり、裏側矯正では早い段階で見た目の改善が実感できます。
結婚式、成人式、卒業式など人生の大きなイベントまでに、仮に完全には治療が終わっていなかったとしても、見映えは大きく改善されていますので、安心して一大イベントを迎えられます。

効果を早く実感できる

  • 表側矯正をしている女性
    従来の表側矯正

    この時点でも、まだ矯正治療を
    している方というイメージ

  • 裏側矯正をしている女性
    裏側矯正

    この時点から、ぱっと見では
    綺麗な歯並びというイメージ

05 裏側矯正の特徴

- スポーツ・部活も安心 -

安全性が高い

運動時に転倒したり、ボールがぶつかったりしても、金具や針金で口内を切るという心配がありません。 *当院ではプロの格闘家の方も裏側矯正にて治療を行いました。

vol.2

裏側矯正の問題点

01 裏側矯正の問題点

- 高い治療費 -

高い治療費

表側に矯正装置を付ける場合に比べ、裏側矯正は治療費が高くなる傾向にあります。
表側矯正では医師が患者さまの歯の状態を見ながら一つ一つ位置調整することが可能ですが、裏側矯正では事前に患者さまの歯型にピッタリ合う矯正装置を作る必要があり、精密な技工が求められます。
そのように工程が増えることや、高い技術・経験が求められることが治療費が高くなる理由になります。
ただし、当院では矯正装置の設置個所を限定することにより、また、治療の短期化により、一般的には100万円超の矯正治療費を多くの方に治療いただけるように半額近くにしています。

02 裏側矯正の問題点

- 違和感・しゃべりづらさ -

違和感・しゃべりづらさ

裏側矯正では常に装置が舌に当たり違和感を感じます。また、しゃべる際に、さ行・た行・ら行の言葉などの、舌を歯の裏側に当てて発音する言葉が少し不明瞭になります。
その点、当院では超薄型の矯正装置を使用しており、さらに、部分的な設置となるので、格段に違和感は緩和されると思います。
また、当院では「裏側矯正で治療を開始したが、どうしても辛いのでマウスピース矯正に変更したい」というご要望にも対応しています。

03 裏側矯正の問題点
【当院の裏側矯正限定】

- 対応できない症例がある -

対応できない症例がある

【当院の裏側矯正に限定】
当院では超薄型の矯正装置を使用し、また、装置の設置を前歯数本に限定した治療方法となります。これにより違和感・痛みを緩和でき、コンプレックスとなっている部分を綺麗にできます。
その代わりに、抜歯が必要になるケースや奥歯を動かすケースなど適用できない症例があります。
「軽微な状況」でしたら治療できるケースはありますが、特に重度の開咬、重度の受け口、重度の八重歯は対応できないケースが多いです。

vol.3

当院の裏側矯正の特徴

01 当院の裏側矯正の特徴

- 気になる部分の治療 -

気になる部分の治療

カウンセリング時に『気になる部分は治したい。でも、歯を抜いたり、2~3年掛かるのが嫌だ。だから今まで矯正してない。』というお話をよく伺います。
「完璧に治す」というゴールが高いために、結果として「全く治さない」という選択になってしまっているケースが多いと思います。
そこで当院では2つの選択肢の中間にある「気になる部分だけを治す」ことに焦点を当て、短期間で終わる、負担の少ない矯正治療に取り組んでいます。

「見えない」「歯を抜かない」「治療期間が短い」を指針として、ご負担を軽減し、多くの患者さまにお喜び頂いています。

ただ、2年以上の期間を掛けてじっくりと矯正治療に取り組んだ方が仕上がり面で良い結果を出せるケースもあります。
患者さまの目指すゴールによって、どの治療が最適かは異なってきます。
一度お越し頂ければ、当院で治療可能か、どこまで改善できるかなどをお伝えできますので、その上でじっくりとご検討頂ければと思います。

02 当院の裏側矯正の特徴

- 違和感・異物感が少ない -

当院では基本的に抜歯をしません。歯を抜かないことにより、大きな装置を付けたり、奥歯まで金具を付けたりする必要がなくなります。

「装置が薄いこと」+「奥歯に金具を付けないこと」により、舌の違和感が格段に減少し、今までの裏側矯正で問題となっていた話しづらさ、食べにくさなどの障害を大幅に軽減できます。

当院の装置は非常に薄く設置する装置も少ない
03 当院の裏側矯正の特徴

- 痛みが少ない -

痛みには大きく分けて「歯が動く時の痛み」「装置が舌に当たる痛み」があります。

・「歯が動く時の痛み」対策
当院では治療中一貫して弱い力で歯を動かす矯正方法「フルパッシブのセルフライゲーションシステム」を取り入れており、これにより「歯が動く時の痛み」を大幅に軽減できます。
「歯を動く時の痛み」対策
従来の治療ではブレーキをかけながらアクセルを踏み込んでいるような状態であったため、摩擦・負荷が大きく、痛みを増していました。
・「矯正装置が口内に当たる痛み」対策
当院では矯正装置を奥歯に付けることはないので、それだけで非常にラクになります。また、使用する矯正装置はとても小さく薄く、丸い形状であるため、「装置が舌に当たる痛み」を格段に軽減します。
一般的な裏側装置と当院の超薄型装置
04 当院の裏側矯正の特徴

- 治療期間が短い -

当院では非抜歯矯正により歯の移動距離を最小限に留めることで、結果として治療期間が短くなっております。
また、フルパッシブのセルフライゲーション矯正により、歯がスムーズにより早く動くことも治療期間が短くなる理由となります。

⇒詳しくは「治療期間へのこだわり」をご覧ください。

05 当院の裏側矯正の特徴

- 院内に技工室を完備 -

院内に技工室を完備

矯正治療では歯の動く角度や方向をコンマミリ単位で調整をする必要があり、この精密度によって治療の結果は大きく左右されます。
特に、歯の裏側にブラケットを付ける裏側矯正では、ブラケットを最適な位置に取り付けるために事前に患者さまの歯型にピッタリ合う矯正装置(インダイレクトコア)を作る必要があり、精密な技工が求められます。
インダイレクトコアの作成は外注する医院も多いと思いますが、当院では個々の患者さまの歯の状況を正確に密に技工に反映できるように院内に技工室を完備しています。

06 当院の裏側矯正の特徴

- 安心・安全な治療 -

安心・安全な治療へのこだわり

当院では最新の歯科用CTを設置するなど、患者さまがより安心・安全に治療頂けるように努めています。
レントゲンだけではどうしても見えない部分が出てしまいますが、歯科用CTでは歯と骨の位置関係など口腔内の情報を3次元的により正確に把握できます。
歯根状態をしっかりと把握しながら治療計画を立てることが可能なため、リスクマネジメントを行いながら、より効率的な歯の動かし方にて治療を進めることが可能になります。
歯科用CTの導入などの設備面はもちろん、滅菌処理など日々の衛生面でも安心・安全を徹底しています。

⇒詳しくは「安心・安全へのこだわり」をご覧ください。

07 当院の裏側矯正の特徴

- 矯正方法の切り替えが可能 -

矯正方法の切り替えが可能

当院では「裏側矯正で治療を開始したが、どうしても辛いのでマウスピース矯正に変更したい」というご要望に対応しています。
痛みや不快感を感じる強さは人それぞれですので、治療開始後にマウスピース矯正に変更できることは非常に大きな安心材料になると思います。 *矯正開始後1ヶ月間は変更できないなど一定の条件がございます。

当院のマウスピース矯正について

vol.4

裏側矯正での治療の流れ

  • step01無料カウンセリング(約60分)
    無料カウンセリング風景 WEBまたはお電話にてご予約いただき、無料矯正相談にお越しください。
    一番最初に接する受付ではスタッフがいつも笑顔で丁寧にお迎えしますので、初めての方も安心してお越しいただけます。

    患者さまの歯のお悩み・治療に対する不安を伺い、治療方法・治療期間などを説明いたします。
    無料矯正相談では当院での治療に限らず、総合的なアドバイスをするように心掛けています。 *患者さま本位の誠意ある対応を心掛けています。
  • step02治療のご検討のお時間
    治療の検討 矯正相談後にお家に帰られてじっくりご検討ください。
    治療方法や治療に関わるリスク、期間、費用など十分にご検討いただければと思います。当院では、無理に薦めさせて頂くようなことは絶対にありません。

    ご検討の結果、矯正治療を行うことになった場合、お申し込みをいただき準備に入ります。
    準備段階では虫歯や親知らず、歯周病等の処置が必要な場合はその処置を行います。処置を必要としない場合はクリーニングを行い、まずは口腔内環境を整えます。
  • step03精密検査(約45分)
    精密検査 今の歯並びの状態、および、問題点を詳しく調べます。
    当院ではCT撮影、レントゲン撮影(前面・側面)、歯型取得、お顔・お口の写真撮影、虫歯の有無、歯周検査を行います。
    *小さなお子様や妊娠の可能性がある場合など一部の検査を行わないこともあります。
  • step04治療開始(約90分)
    治療説明 精密検査の結果をもとに最善かつ最短な治療計画を立て、具体的な治療方法や期間をご説明します。患者さまにしっかりとご理解とご納得を頂いたら、実際の治療に入ります。

    患者さまの歯型にピッタリと合う矯正装置(インダイレクトコア)を作製し、それを用いて適切な位置にブラケットを取り付けていきます。装着後はブラッシングのレクチャーや注意点の案内などを行います。
  • step05矯正装置の調整(約60分)
    矯正装置の調整 歯の動きなどを確認しながら装置の調整を行います。また、装置周囲のクリーニングを行います。
    通常1ヶ月に1回程度ご通院いただき、毎月この工程を繰り返していきます。
  • step06きれいな歯並びに!後戻りを予防!
    矯正治療の終了 機能面や審美面の改善を確認できた段階で、動的治療(歯を動かす治療)を終了します。
    歯はまた元の位置に戻ろう(後戻り)とするので、リテーナーで保定をします。
    リテーナーは裏側に付ける装置か、または、マウスピースをお選びいただけます。マウスピースの場合、ホワイトニングもできますので白く輝く歯になります。

    保定期間は後戻りしないように、3ヶ月から半年のペースでご来院いただき、歯列のチェック、口腔内清掃など定期検診を受けていただくようになります。

矯正治療後でも気になることやご相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。
患者さまのホームドクターとして、後戻り防止のお手伝い、クリーニングやホワイトニングなど、お客様の歯に関するトータルアドバイザーとしてお役に立ちたいと考えています。

【次のページ】無料相談カウンセリングの流れ

スワイプ

このような歯並びの方、
他院で断られた方、抜歯を勧められた方
思い当たる方はすぐにでも無料相談を!
  • 出っ歯・前歯が大きい出っ歯
    ・大きい歯
  • デコボコデコボコ
  • すきっ歯すきっ歯
空いている日時を確認する

サイトマップ

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
0120-834-918
(繋がらない方:0422-47-8148
平日10:30~18:45(火/祝は休診)
土日10:30~17:30

無料にて矯正カウンセリングを行なっております。
まずは一度ご相談ください。

空いている日時を確認する
まずカウンセリングの流れを確認する
中学生・高校生・大学生向け治療期間が短い矯正 採用情報