症例別の治療実例

見えない矯正「マウスピース矯正」の症例別の治療実例になります。

  • マウスピース矯正について
  • 患者様の声
  • 院長 大西栄史
当院では治療が難しい症例

当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらからご確認ください。

医院案内

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町1-15-5 伊藤ビル2F
TEL:0120-834-918
(0422-47-8148)

中央線・総武線・井の頭線
吉祥寺駅公園口 徒歩約3分
※近くに有料駐車場があります。

OPEN
月水木金 11:00~20:00
土日   11:00~18:00
※ご予約の上、お越しください

CLOSE
火・祝日

は休診日になります。
採用情報(歯科技工士・スタッフ募集)

歯を抜かない矯正を目指しております

抜歯が必要なケースは相当数あります。その様なケースは一般的なワイヤー矯正の方が適していると思います。しかしながら、
「どうしても抜歯をしたくない」
「どうしてもワイヤー矯正をしたくない」
という方は、是非、当院の無料診断を受けてみて下さい。
当院では、他院で抜歯が必要と診断されても、抜歯をせずに治療した実例が数多くございます。
抜いてしまった歯は元に戻りませんので、諦めずに是非ご相談ください。

vol.01

出っ歯の画像

↑前歯が突出している

出っ歯(上顎前突)とは

上顎前突は、前歯のみが前突しているもの・上顎骨が下顎骨より相対的に前方に突き出たもの・機能的なものなどがあり、大半が前歯の突出を伴います。遺伝などの先天的要因か、生活習慣による後天的要因となります。

vol.02

すきっ歯の画像

↑歯と歯の間に隙間ができている

すきっ歯(正中離開)とは

「空隙歯列」とも呼ばれますが、歯と歯の間に隙間ができる場合です。あごの大きさに対して歯が小さい場合や、生まれつき歯の本数が足りない場合に起こりやすいといえます。

vol.03

叢生の画像

↑歯がデコボコ(凸凹)している

デコボコ(叢生)とは

歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがでこぼこの状態になっていることで、乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれています。歯が正しく並ぶのに必要なスペースが不足することによって起こることが多いです。

vol.04

歯が大きい画像

↑前歯が大きいことにより、不正咬合となっている症例

大きい歯の治療実例

前歯が大きいことにより、前歯自体のスペースが狭くなり、出っ歯となってしまうケースや、反対に、他の歯のスペースが確保できなくなり、歯並びがデコボコになってしまうケ-スなどがあります。

vol.05

反対咬合の画像

↑その他の症例(交叉咬合)

その他の治療実例

「反対咬合」「交叉咬合」などの症例の場合、抜歯を伴ったり、又、マウスピース矯正だけでは対応できないケースが多いですが、対応できる場合もあります。


  • 中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
  • 2分でわかる!マウスピース矯正で上顎前突(出っ歯)治療
  • 患者様の直筆メッセージ
  • 表側矯正・裏側矯正で矯正後に後戻りしてしまった方
  • ブライダル矯正
  • アクティブシニアのための見えない矯正

患者様の声
PATIENT'S VOICE

患者様の声 一覧