症例別の治療実例

目立たない矯正「マウスピース矯正」の症例別の治療実例になります。

  • マウスピース矯正について
  • 院長 大西栄史
当院では治療が難しい症例

当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらからご確認ください。

医院案内

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町1-15-5 伊藤ビル2F
TEL:0120-834-918
(0422-47-8148)

中央線・総武線・井の頭線
吉祥寺駅公園口 徒歩約3分
※近くに有料駐車場があります。

OPEN
月水木金 10:30~18:45
土日   10:30~17:30
※ご予約の上、お越しください

CLOSE
火・祝日

は休診日になります。
採用情報(歯科技工士・スタッフ募集)

凸凹・デコボコの治療実例
[ 叢生(そうせい)]

叢生の症例は幅広いため、一概にマウスピース矯正が向いている向いていないとは言えない症例となります。上顎前突(出っ歯)同様に他の矯正歯科で抜歯を勧められるケースが多いかもしれませんが、どうしても抜きたくなどのご要望がありましたら、一度当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

  • 該当症例:
    • 叢生(デコボコ)

vol.01

歯並びのデコボコを約10ヵ月で改善

叢生の症例1 叢生の症例1
治療期間 10ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 700,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×20回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 患者様は歯列矯正に対してご不安があったようですが、マウスピース矯正での治療実績が豊富ということで当院にお越し頂きました。
上下ともに前歯4本がデコボコしておりましたが、上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で10ヶ月間矯正治療を行いました。 ※当医院では毎回の治療説明・診療スペース・対応など、出来る限り快適に安心して頂けるよう努力しています。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 出っ歯
    • 大きい歯
    • 叢生(デコボコ)

vol.02

特に下の前歯がデコボコしていた歯並びを改善

大きい歯+出っ歯+叢生の症例
治療期間 15ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 760,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×30回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 上の前歯2本(上顎の両側の中切歯)が大きいため、スペースがなく、前突しておりました。
他院にて抜歯をして矯正することを薦められたそうですが、それで歯並びはきれいになっても、前歯が大きいままでは根本的な悩みは解決されないということで、当院にご来院頂きました。
患者様より前歯を小さくして欲しいというご希望もあり、前歯の大きさを調整し、上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これにより歯を抜かなくてもスペースの問題で前突していた前歯を下げることが可能となり、月2回程の通院で15ヶ月間矯正治療を行いました。
※歯が大きいと前突しやすいので、同様の症例でお悩みの方も多いと思います。安易に抜歯せずに、是非一度当院の無料カウンセリングにお越しください。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 叢生(デコボコ)

vol.03

歯並びのデコボコを約8ヵ月で改善

叢生の症例1
治療期間 8ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 652,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×12回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 テレビで「マウスピース矯正」を知り、当院にお越し頂き、約8ヶ月間頑張って通ってくださいました。
遠方からの通院という事で来院回数を短縮するためにスライド装置を使用しました。この装置はどのケースでも使用できるわけではなく、また、少し分厚い装置のため、違和感が多少強いのが難点ですが、真面目に使用頂きました。
上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となりました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 叢生(デコボコ)

vol.04

叢生(デコボコ)・前突(出っ歯)を裏側矯正併用で改善

叢生の症例4
治療期間 8ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 860,000円

(内訳)基本料金:800,000円(※)
再診料金:6,000円×10回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 最初の約6ヶ月間は裏側矯正にて大まかな動的治療を行い、その後約2ヶ月間掛けてマウスピース矯正で調整を行い、前突も無くなり、デコボコの無いきれいな歯並びになりました。
上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これにより歯を抜かなくてもスペースの問題で前突・デコボコしていた歯並びをきれいに整えることが可能となりました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。

※裏側矯正併用のため治療費用が高くなっております。
裏側矯正併用が必要な場合とは?

  • 該当症例:
    • 交叉咬合
    • 叢生(デコボコ)

vol.06

上下顎ともにデコボコの状態を約5ヶ月で改善

叢生の症例6
治療期間 5ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 640,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×10回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 下の前歯が上の前歯よりも前に出ているのが気になるとの事で、以前より矯正は考えてはいたようなのですが、どうしても金具と針金は嫌で躊躇してしたそうです。
上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これにより歯を抜かなくてもスペースの問題で前突・デコボコしていた歯並びをきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で5ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
まだ仕上げまでには至っておりませんが、後は微妙な歯の長さ、傾斜を微調整し、かみ合わせのチェックをしてまいります。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 出っ歯
    • 大きい歯
    • 叢生(デコボコ)

vol.07

上顎前突(出っ歯)と叢生(デコボコ)を改善

出っ歯・叢生・大きい歯の治療症例
治療期間 12ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 724,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×24回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 前歯とその横の歯に重なりがありましたが、月2回程の通院で約12ヵ月間のマウスピース矯正の治療にて、前歯の前突と叢生の症状は改善されました。
上下の前歯6本の大きさを1本0.5ミリ程削ることで前歯を下げるスペースを確保し、抜歯をすることなく、きれいな歯並びになりました。
マウスピース矯正と併行してホワイトニングも行なっています。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 大きい歯
    • 叢生(デコボコ)

vol.08

大きい歯による叢生(デコボコ)を改善

叢生・大きい歯の症例8
治療期間 10ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 720,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×20回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 前歯が大きいことによりスペースがなく、前歯が少し横に向いていましたが、歯列のアーチの調整を行い、上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で10ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 出っ歯
    • 大きい歯
    • 叢生(デコボコ)

vol.09

前歯一本の突出・叢生(デコボコ)を改善

叢生・大きい歯の症例9
治療期間 16ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 736,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×26回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 特に前歯一本が突出して唇が自然に切れる事が良くあるとのことでした。
治療内容としましては、前歯の大きさをバランス良く整え、上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、マウスピース矯正にて治療を行いました。
治療中に海外に留学され、通院できない期間が半年ほどあったのですが、社会人になるまでに治療が終わりました。ディテールにこだわりたいという患者様のご意向もあり、少し治療期間が長くなっております。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 出っ歯
    • 大きい歯
    • 叢生(デコボコ)

vol.10

ハの字に前突している前歯を改善

叢生の症例10
治療期間 12ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 724,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×24回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で12ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 叢生(デコボコ)

vol.11

下の歯がデコボコしていた歯並びを改善

叢生の症例11
治療期間 13ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 736,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×26回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で13ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
マウスピース矯正と併行してホワイトニングも行なっています。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 叢生

vol.12

上下顎の前歯のデコボコを約11ヶ月で改善

叢生の症例12
治療期間 11ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 688,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×18回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 複数の医院にて抜歯をした上で針金を付ける必要があると言われたが、歯を抜かずに矯正をされたいということで、当院にお越しいただきました。
上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で11ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。
  • 該当症例:
    • 叢生

vol.13

歯のデコボコを約10ヶ月で改善

叢生の症例13
治療期間 18ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用 688,000円

(内訳)基本料金:580,000円
再診料金:6,000円×18回

※治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。

治療内容 上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これによりスペースの問題でデコボコしていた歯並びを、歯を抜かなくてもきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で10ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
治療リスク マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。
副作用 歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。

  • 中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
  • 表側矯正・裏側矯正で矯正後に後戻りしてしまった方
  • ブライダル矯正
  • アクティブシニアのための目立たない矯正