>  > 他の矯正方法との比較

戻る

他の矯正方法との比較

様々な切り口で比較することにより、マウスピース矯正が如何に優れた矯正方法であるか、又、なぜ当院がマウスピース矯正の専門医院として、マウスピース矯正をお奨めさせて頂いているかをご理解頂ければと思います。

他クリニック 当院
表側矯正 裏側矯正 マウスピース矯正
(インビザライン)
マウスピース矯正
装着時の見た目 表側矯正
歯の表側に金具を付けるので目立つ
裏側矯正
歯の裏側に金具を付けるので目立たない
インビザライン
製造の工程上、完全な透明ではなく半透明のマウスピースとなるが、装着すればほぼ目立たない
マウスピース矯正
透明なマウスピースなので、審美性が高く目立たない
× ◎ ○ ◎
基本治療費 60~100万円 100~150万円 70~110万円 596,500円
調整料 約5,400円 約8,000円 約5,400円 6,480円
治療期間 基本的に同じ
(数か月から2年)
装着時の快適性 × × ○ ○
取り外しができる × × ○ ○
発音のしやすさ × × ○ ○
食事の快適さ × × ○ ○
口内の衛生面
(虫歯のリスク等)
× × ○ ○
矯正中の虫歯治療 × × × ○
ホワイトニング × △ ○ ○
後戻りのリスク 有り
メリット 適用症例が広い 審美性が極めて高い
適用症例が広い
審美性が高い
違和感・痛みが少ない
取り外しができる
審美性が極めて高い
違和感・痛みが少ない
取り外しができる
問題点 ギラギラと目立つ
舌や頬の内面に常にゴツゴツと触れているので、痛みや違和感がある
費用が高い
舌や頬の内面に常にゴツゴツと触れているので、痛みや違和感がある
しゃべりづらい
適用症例に限りがある
着脱式なので、ご自身で外せてしまう
費用が高い
治療前に全てのマウスピースを作成するため、虫歯治療が困難
適用症例に限りがある
着脱式なので、ご自身で外せてしまう
インビザラインと比べると、毎回歯型を取る必要がある

マウスピース矯正のデメリット

全ての症例には対応できないこと
当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらをご覧ください。
1日の装着時間が定められていること(当院のマウスピース矯正の場合、1日17時間以上)
装着時間が十分で無い場合、装着度合により治療期間が長引きます。

インビザラインと当院(クリアアライナー)の違い

インビザラインの方が、通院や型取りの回数が少なくても良い
治療前に全てのマウスピースを作成するため、インビザラインは通院や型取りの回数が少ない傾向にあります。
遠方より通院の方、又、型取りが苦手な方には、インビザラインの方が適していると言えます。
逆に、当院(クリアアライナー)は、実際の歯の動きに合わせてマウスピースを作成するので、細かな調整ができると言えます。
インビザラインの方が、「遊び」が少なく、柔軟な対応が難しい
インビザラインの方が、素材が硬く、歯とマウスピースの間に「遊び」が少ない傾向にあり、一定期間、装着を怠ってしまうと、マウスピースが装着できなくなる場合があります。
インビザラインは治療前に矯正治療完了までの全マウスピースを作成する都合上、一度装着できなくなると、マウスピースを全て作り直す必要が出てくるのですが、そうなった場合、再作成はアメリカで行われるため、費用的にも時間的にも負担が発生します。
虫歯の治療などで歯の形状が変わってしまった場合も同様になります。
インビザラインの方が、装着時間が長く、素材が厚い
1日の装着推奨時間は、インビザラインが20~22時間以上、クリアアライナーが17時間以上となっております。
又、インビザラインの方が、素材が厚いため、違和感が強い傾向にあります。
【 次のページ 】
マウスピースの作成方法
マウスピース矯正について Vol.04

HOME  > マウスピース矯正について  > 他の矯正方法との比較

メインメニュー

中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
2分でわかる!マウスピース矯正で上顎前突(出っ歯)治療
患者様からのメッセージ

PCコンテンツ

シニア矯正

ブライダル矯正

歯科技工士・スタッフ募集

無料カウンセリング予約

無料カウンセリングでは、現在の状況を診察し、マウスピース矯正に限らず、トータル的なアドバイスができるように努めております。

カウンセリングの内容・流れを見る
当院では治療が難しい症例
簡体中文

ページトップへ戻る

TOP