>  > マウスピース矯正の概要・特徴

戻る

マウスピース矯正の概要・特徴

世界中で多くの患者様に使用されている「見えない矯正」治療装置であり、最先端矯正装置として注目を集めております。
右上の写真のような透明な「マウスピース」を用いる矯正方法となります。

マウスピース矯正の主な特徴

マウスピース矯正の特徴①
見た目に良い(見えない矯正)

マウスピースを付けている状態 右の写真の女性はマウスピースを付けている状態になります。
画像を拡大(ピンチアウト)してみてください。
ワイヤーを使用しない為、従来の矯正器具に比べ、見た目には付けているのがほとんど分かりません。

マウスピース矯正の特徴②
難しい症例でもしっかりと治ります

難しい症例をマウスピース矯正で治した画像 痛みを伴う針金矯正と、ほぼ同様の期間で、右の写真のようなきれいな歯並びになります。
当院は、マウスピース矯正(見えない矯正)の専門医院ですので、他院で断られるような多少難しい症例でも対応は可能です。

全ての症例に対応できるわけではございません。当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらをご覧ください。

マウスピース矯正の特徴③
取り外しができて、食事・歯磨きが楽

歯磨きをしている画像 マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。 その為、口腔内を清潔に保てます。
マウスピース自体も簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。
又、従来のワイヤータイプの矯正装置と違い、食事の時にマウスピースを取り外せるので、普段と変わらない食事が楽しめます。

マウスピース矯正の特徴④
違和感・痛みが少ない、しゃべりやすい

会話している画像 金具や針金を使用しないため、装置の周りの粘膜や舌への痛みが生じることはありません。また、咬んだ時にマウスピース全体に力が分散するため、動かしている歯の痛みをほとんど感じません。
新しいマウスピースに交換した直後は痛みに近い、締め付けられるような感覚がありますが、数時間程度で消失します。

マウスピース矯正の特徴⑤
ホワイトニングとの同時進行でより綺麗に

ホワイトニングとの同時進行でマウスピース矯正をした画像 歯並びの改善だけでなく、並行して歯の色も白く綺麗にできます。
マウスピースの中にホワイトニング用の薬を入れて頂き、一日3~4時間を数日間(症状によって使用期間は異なります)装着するだけで黄ばんだ歯も白い歯になります。


下記に当てはまる方も諦めないで下さい
セラミックの人工歯を入れている方
従来は、接着剤が付けられずに、一時的に仮の歯に置き換え、長期間仮の歯を使用する必要がありましたが、マウスピース矯正なら対応可能です。
金属アレルギーの方
金属を使用しませんので、アレルギーを引き起こす心配がありません。
ニッケル等の金属アレルギーで治療を断念されていた方にもお奨めです。
後戻りしてしまった方
どの矯正方法でも、矯正治療を終了した後、数年で元の歯並びに戻ってしまう方がいます。少しの後戻りも含めると、かなり高い割合で起きているようです。
しかし、もう一度、金具や針金を装着するのが嫌で、諦めてしまっている方を大変多く見かけます。
そのような場合でも、ある一定期間、マウスピースを装着するだけで、カンタンに戻すことができます。
【 次のページ 】
マウスピース矯正の治療の流れ
マウスピース矯正について Vol.02

HOME  > マウスピース矯正について  > マウスピース矯正の概要・特徴

メインメニュー

中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
2分でわかる!マウスピース矯正で上顎前突(出っ歯)治療
患者様からのメッセージ

PCコンテンツ

シニア矯正

ブライダル矯正

歯科技工士・スタッフ募集

無料カウンセリング予約

無料カウンセリングでは、現在の状況を診察し、マウスピース矯正に限らず、トータル的なアドバイスができるように努めております。

カウンセリングの内容・流れを見る
当院では治療が難しい症例
簡体中文

ページトップへ戻る

TOP