>  > 抜歯について

戻る

抜歯について

当院では、抜歯をしているケースは全体の5%ほどになります。
逆に、当院で治療を受けて頂いている患者様の95%は抜歯をしておりません。
基本的には、マウスピース矯正では抜歯ケースを扱いません。抜歯部位のコントロールがマウスピースでは難しいためです。
歯並びをきれいにするに当たり、抜歯が必要なケースは相当数あります。
ただ、抜歯をすることにより、弊害が起きる可能性があることも考えておく必要があります。
あくまで一例ですが、抜歯をすることにより、歯のアーチを狭くする場合、舌の部屋が小さくなり過ぎ、息苦しくなる場合があります。息苦しくなると、姿勢が悪くなったり、腰痛、頭痛等が生じやすくなったりすることがあります。
※他の要因もあるため、実際には抜歯が原因かどうかは正確には分かりませんが、健康を害しては、本末転倒となってしまいます。
確かに、抜歯をしなければ治療困難なケースは相当数あります。しかし、無料カウンセリングにお越し頂くお客様のお話を伺うと、必ずしも抜歯が必要でないケースも割とあるように感じます。
他院で『抜歯が4本必要』と言われても、"抜歯が2本"で済む場合、又は"抜歯なし"で治療できる場合があります。
是非、歯を抜いてしまう前に、一度当院の無料相談にお越しください。
※当院で抜歯をするケースは10人に1人ほどになります。親知らずの抜歯は必要になる場合があります。
親知らずは、放置しておくと歯並びを悪くしたり、前の歯を壊すなどの悪影響を与える、さらに口臭の原因にもなる可能性がありますので、矯正をするしないにかかわらず、抜くメリットがあります。

HOME  > よくある質問  > 抜歯について

メインメニュー

中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
2分でわかる!マウスピース矯正で上顎前突(出っ歯)治療
患者様からのメッセージ

PCコンテンツ

シニア矯正

ブライダル矯正

歯科技工士・スタッフ募集

無料カウンセリング予約

無料カウンセリングでは、現在の状況を診察し、マウスピース矯正に限らず、トータル的なアドバイスができるように努めております。

カウンセリングの内容・流れを見る
当院では治療が難しい症例
簡体中文

ページトップへ戻る

TOP