>  > その他(反対咬合など)

戻る

その他の治療実例 [ 反対咬合など]

マウスピース矯正で対応できる範囲には限界がありますので、全ての症例に対応できる訳ではございませんが、下記の治療実例もご参考までにご覧ください。

前歯が2本だけ反対の状態を改善

交叉咬合の症例

治療期間
5ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用
640,000円
  • (内訳)基本料金:580,000円
    再診料金:6,000円×10回
  • *治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。
治療内容
下の前歯が上の前歯よりも前に出ているのが気になるとの事で、以前より矯正は考えてはいたようなのですが、どうしても金具と針金は嫌で躊躇してしたそうです。
上下の前歯6本のエナメル質の部分を1本0.5mmほど削り、これにより歯を抜かなくてもスペースの問題で前突・デコボコしていた歯並びをきれいに整えることが可能となり、月2回程の通院で5ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
まだ仕上げまでには至っておりませんが、後は微妙な歯の長さ、傾斜を微調整し、かみ合わせのチェックをしてまいります。
治療リスク(共通)

タップで開きます

マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。

副作用(共通)

タップで開きます

歯を削る量はわずかですので通常痛むことは無いため、麻酔を行うことはありません。しかしながら、極稀に一時的に痛みが出る場合があります。虫歯予防には十分ご配慮いただき、食後の歯磨きの徹底を始め、虫歯を発見した場合には早期治療をお勧めいたします。
矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。

反対咬合(受け口・下顎前突)を改善

>反対咬合(受け口・下顎前突)の症例

治療期間
10ヶ月(歯を動かす期間)
治療費用
720,000円
  • (内訳)基本料金:580,000円
    再診料金:6,000円×20回
  • *治療後のメンテナンスやその他の処置を希望される場合の費用は含んでいません。
治療内容
月2回程の通院で10ヶ月間のマウスピース矯正にて治療を行いました。
治療リスク(共通)

タップで開きます

マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になります。マウスピース装着時の異物感などによって17時間以上の使用が徹底されないと十分な成果が出ません。
歯並びは生活習慣の影響で治療後にまた悪くなるリスクがあるため、治療後に後戻り予防用のマウスピースを使用していただく事になります。マウスピースの作成には2度の通院が必要になり、2回分の再診料金(6,000円×2回=12,000円)で作成できます。マウスピースは消耗品であるため、最低でも1年に1回はリニューアルをした方が良いと思われます。
一般的な矯正方法と異なり、使用する装置や方法を限定して進める治療法となるため、治療成果には限界があります。

副作用(共通)

タップで開きます

矯正治療全般に共通しますが、矯正後には歯の根の先が短くなる事があります。

HOME  > 症例別の治療実例  > その他(反対咬合など)

メインメニュー

中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正

PCコンテンツ

シニア矯正

ブライダル矯正

歯科技工士・スタッフ募集

無料カウンセリング予約

無料カウンセリングでは現在の状況を診察し、マウスピース矯正に限らず、トータル的なアドバイスができるように努めております。

カウンセリングの内容・流れを見る
当院では治療が難しい症例

ページトップへ戻る

TOP