当院の5つの特徴 vol.03

吉祥寺デンタルクリニック5つの特徴・ポイントについて

  • マウスピース矯正について
  • 院長 大西栄史
当院では治療が難しい症例

当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらからご確認ください。

医院案内

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町1-15-5 伊藤ビル2F
TEL:0120-834-918
(0422-47-8148)

中央線・総武線・井の頭線
吉祥寺駅公園口 徒歩約3分
※近くに有料駐車場があります。

OPEN
月水木金 10:30~18:45
土日   10:30~17:30
※ご予約の上、お越しください

CLOSE
火・祝日

は休診日になります。
採用情報(歯科技工士・スタッフ募集)

部分裏側矯正への変更ができること

当院では治療を開始した後でも、矯正方法を「マウスピース矯正」から「部分裏側矯正」に変更することが可能です。


治療を頓挫させません

マウスピース矯正の最大の長所であり、最大の短所でもあるのが「取り外せること」になります。
マウスピース矯正は毎日17時間以上の使用が不可欠になりますが、使用が徹底されないといつまでも経っても歯並びは良くなりません。せっかく治療を始めたのに治療が頓挫してしまっては、治療費が完全に無駄になってしまいます。
マウスピース矯正で治療がうまくいかない一番のケースはこのケースになります。 その解決策として、当院では「部分裏側矯正」への切り替えが可能です。

※矯正治療開始から1ヶ月は変更できないなど一定の条件がございます。


当院の部分裏側矯正について

一般的な裏側矯正との違い

歯の裏側に金具やワイヤーを付けるため、従来の裏側矯正の装置は常に舌にゴツゴツ当たり、違和感を感じます。
食事、会話等の機能的な不具合が生じる可能性も高いです。
そのため当院で提供している裏側矯正は、部分的に、且つ、非常に薄い装置を付ける「部分裏側矯正」により、患者様の負担を減らした形で、多くの症例に対しての治療を可能といたしました。



部分裏側矯正に関しての説明はこちら


  • 患者様の直筆メッセージ
  • 中学生・高校生・大学生のためのスピード矯正
  • 表側矯正・裏側矯正で矯正後に後戻りしてしまった方
  • ブライダル矯正
  • アクティブシニアのための目立たない矯正